しごと・くらし・おもてなしで役立つ!

彦根城

彦根プレミアム塾

Hikone-Historia 2018
彦根ヒストリア講座

コーディネーター 谷口 徹 氏
 (柏原宿歴史館館長・元彦根市教育委員会文化財部長)
●定員 200名 ●受講料 会員500円/非会員・一般700円/学生無料
●会場 彦根商工会議所4階大ホール



第2講 2018年11月19日(月)
「世界遺産 第8代ユネスコ事務局長は訴える!!」

会場: 彦根商工会議所4 階大ホール(彦根市中央町3-8)
18:30 受付開始/ 19:00~20:30

彦根市では2024年度、暫定リストに記載された「彦根城」の世界遺産登録を目指しています。先ごろ「意見交換・応援1000人委員会」が設立され、世界遺産登録を盛り上げる取り組みが始まりました。彦根商工会議所はNPO法人世界遺産アカデミーと連携し、7月8日「世界遺産検定」を初めて彦根で実施しました。引き続き、12月16日に「世界遺産検定」を彦根で実施することで、学ぶ楽しさや世界遺産登録の意味を知るとともに、ふるさとに誇りをもっていただければと願っております。
ヒストリア講座第2講は、第8代ユネスコ事務局長松浦晃一郎先生をお招きし、彦根城世界遺産登録への率直なご意見とアドバイスをお聞きしたいと思います。

講師 松浦晃一郎(まつうら・こういちろう)氏
第8代ユネスコ事務局長

松浦晃一郎(まつうら・こういちろう)氏 1937 年、山口県生まれ。外務省に入省後、経済協力局長、北米局長、外務審議官を経て94年より駐仏大使。1998年世界遺産委員会議長、99年にはアジアから初のユネスコ事務局長に就任。著書に『世界遺産-ユネスコ事務局長は訴える』(講談社)、『国際人のすすめ』(静山社)など。2014年には、昨年のヒストリア講座でご講演いただいた西村幸夫東大教授(文化庁世界遺産特別委員会委員長)や麓和善名古屋工業大学大学院教授らとともに座談会「世界に類のない巨大建築はなぜ建てられ、残されたのか」を行い、その会議録が『日本の城・再発見 彦根城、松本城、犬山城を世界遺産に』(株式会社ブックエンド)に収録されている。

日本の世界遺産登録

記載遺産名 所在地 暫定リスト
登載年
世界遺産
登載年
区分
法隆寺地域の仏教建造物 奈良県 平成4年 平成5年 文化
姫路城 兵庫県 平成4年 平成5年 文化
屋久島 鹿児島県 平成4年 平成5年 自然
白神山地 青森県・秋田県 平成4年 平成5年 自然
古都京都の文化財 京都府・滋賀県 平成4年 平成5年 文化
白川郷・五箇山の合掌造り集落 岐阜県・富山県 平成4年 平成7年 文化
厳島神社 広島県 平成4年 平成8年 文化
原爆ドーム 広島県 平成7年 平成8年 文化
古都奈良の文化財 奈良県 平成4年 平成10年 文化
10 日光の社寺 栃木県 平成4年 平成11年 文化
11 琉球王国のグスク及び関連遺産群 沖縄県 平成4年 平成12年 文化
12 紀伊山地の霊場と参詣道 三重県・奈良県・和歌山県 平成13年 平成16年 文化
13 知床 北海道 平成16年 平成17年 自然
14 石見銀山遺跡とその文化的景観 島根県 平成13年 平成19年 文化
15 平泉- 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群- 岩手県 平成13年 平成23年 文化
16 小笠原諸島 東京都 平成19年 平成23年 自然
17 富士山- 信仰の対象と芸術の源泉 山梨県・静岡県 平成19年 平成25年 文化
18 富岡製糸場と絹産業遺跡群 群馬県 平成19年 平成26年 文化
19 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 福岡県・佐賀県・ 長崎県・熊本県・ 鹿児島県・山口県・ 岩手県・静岡県 平成21年 平成27年 文化
20 ル・コルビュジエの建築作品 -近代建築運動への顕著な貢献- 国立西洋美術館本館 東京都 平成19年 平成28年 文化
21 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 福岡県 平成21年 平成29年 文化
22 長崎と天草地方の潜伏キリシタン 関連遺産 長崎県・熊本県 平成19年 平成30年 文化