地域経済活性化チャレンジショップひこね事業

「チャレンジショップひこね」出店者募集

1. 概要

この補助金は、中心市街地活性化と創業支援を目的とし、市内中心市街地(地図は別紙のとおり)の空き店舗を用いて、創業または第二創業を実施する方に、家賃補助および店舗の改装工事費補助を行うものです(詳細は次の表のとおり)。

家賃補助 補助率:月家賃の4/5
補助限度額:5万円/月
補助期間:6か月間(最大30万円)
改装工事費補助 補助率:改装工事費の1/2
補助限度額:50万円
工事を伴わない備品等の購入に係る経費は除く
要件

○ 創業後に彦根商工会議所および店舗の所在地にある商店街組織に加入すること。

(1) 創業する者※1または第二創業を行う者※2であること。
(2) 空き店舗等を活用し、積極的に事業を営む意欲があること。
(3) 小売、飲食およびサービスを主とする業種(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に定める業種を除く。)であること。
(4) 補助金の交付を受けようとする者が直接、事業に携ること。
(5) 市税を滞納していないこと。
(6) 開業および営業に必要な届け出等を遅滞なく行っていること。
(7) 事業主が空き店舗等の所有者と同一世帯員または生計を一にする者でないこと。
(8) 事業主が空き店舗等の所有者の配偶者または二親等の血族および姻族でないこと。
(9) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団およびその構成員または同法第2条第6号に規定する暴力団員と密接な関係のある団体およびその構成員でなく、そのことを書面において誓約すること。
(10) フランチャイズ店舗等でないこと。
(11) 過去にこの補助を受けていないこと。

場所

市内中心市街地(彦根市中心市街地活性化基本計画(平成11年1月策定)に定められた範囲…画像参照)


※1:交付申請日以降に事業を開始する者であって、個人事業主となる者または会社、特定非営利活動法人等の設立を行い、その代表となる者をいう。
※2:個人事業主、会社または特定非営利活動法人等の代表者であって、交付申請日の6箇月前から交付申請日の前日までの間に事業承継を行い、交付申請日以降に既存事業以外の新事業を開始する者をいう。

2. 補助金の申請について

【重要事項】

 本補助金には審査があり、必ず実際の創業前に所定の書類(創業計画書等)を提出し、創業前に審査会による審査を受けなければなりません。また、補助金申請の受理は、単に書類がそろっているだけでなく、商工会議所等の支援を受け、創業に向けた十分な準備が整っていると判断できる場合のみ可能となります。

  必ず創業前に十分な時間的余裕(おおむね2か月以上)を持って、彦根商工会議所に事前相談するようにしてください。

 ※予算の執行状況により、年度内で終了する場合があります。

 

【おおまかな申請の流れ】

@ 彦根商工会議所への事前相談・交付申請手続き
 ・彦根商工会議所に相談し、創業に必要な知識を習得すると共に創業計画書等を作成していただきます。
 ・商工会議所から指導・助言も受けていただき、交付申請手続きをしていただきます。

A 審査会の開催
 ・面接形式での審査会。申請者の出席が必要です。可否が決定されます。

B 改装工事の開始から完了
 ・改装工事費補助を受ける場合は、必ず工事前・後の写真が必要です。

C 開店
 ・必ず彦根商工会議所および当該店舗所在地にある商店街組織に加入していただきます。

D 開店後の補助金の請求
 ・改装工事費補助については、証拠書類(工事前・後の写真、請求明細書・領収書の写し等)が必要です。
 ・家賃補助については、原則として毎月一度の商工会議所との面談時に請求していただきます。