新型コロナウイルス関連緊急経済対策のご案内

ニュース

 彦根商工会議所では、深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大、前例のない状況のもと、域内の中小企業者のみなさまの経営を強力にサポートするため、国などの各種支援施策を、個々のニーズにあわせて親切丁寧・的確にご案内しています。日々更新されている行政の緊急経済対策ですが、現段階の中小企業向け支援策を3つのポイントに分けて紹介します。

ポイント1 資金繰り支援 - 融資、信用保証、その他

制度その1: 新型コロナウイルス感染症特別貸付

実施機関
日本政策金融公庫
制度の特徴
信用力や担保によらず一律金利とし、融資後の3年間まで0.9%の金利引き下げを実施。据置期間(元本返済を行わなくて良い期間)は最長5年。
融資対象
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて所定の要件を満たす範囲で経営が悪化していること。
貸付期間
設備投資20年以内、運転資金15年以内 (うち据置期間は5年以内)

融資限度額(別枠)
中小事業6億円、国民事業8,000万円
金利
当初3年間は基準金利から0.9%マイナス(中小事業2億円、国民事業4,000万円を限度)、4年目以降は基準金利に戻る。中小事業1.11%→0.21%、国民事業1.36%→0.46%(6/1現在)、利下げ限度額は4,000万円であり、それを超えた分は利下げ対象外

詳しくはこちら

制度その2: 危機対応融資

実施機関
商工組合中央金庫
特徴
制度その1「新型コロナウイルス感染症特別貸付」と同じ。
融資限度額
6億円 → 日本政策金融公庫の中小事業と同額
金利
当初3年間は基準金利から0.9%マイナス、4年目以降は基準金利に戻る。1.11%→0.21%(利下げ限度額は2億円であり、それを超えた分は利下げ対象外)

※令和2年3月19日以降に、商工中金から危機対応融資以外の借入を行った方について、要件を満たす場合には本制度の遡及適用が可能。

詳しくはこちら

制度その3: マル経融資の金利引き下げ(通称:コロナ マル経)

実施機関
日本政策金融公庫
制度の特徴
商工会議所等の経営指導を受けられた小規模事業者様に対して、無担保・無保証人で融資を行う制度。
融資対象
最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した小規模事業者
資金の使いみち
運転資金、設備資金
担保等
無担保・無保証
融資限度額(別枠)
1,000万円
金利
当初3年間は経営改善利率(6/1現在 1.21%)から0.9%マイナス、4年目以降は経営改善利率に戻る

詳しくはこちら

制度その4: 新型コロナウイルス関連 滋賀県中小企業者向け制度融資(セーフティネット保証4・5号、危機関連保証、緊急経済対策資金、新型コロナウイルス感染症対応資金

実施機関
民間金融機関
特徴
新型コロナウイルスの影響により、売り上げが減少した幅広い中小企業に対し、滋賀県、民間金融機関、保証協会、商工会議所等が連携する融資制度。
融資限度額
4,000万円〜2億円
金利
0.0〜1.5% ※当初3年間の実質金利0%となる制度に関しては5/1より追加
保証料率
0〜1.2%

※融資限度額、金利、保証料率は該当のメニューによって異なる。

制度その5: 特別利子補給制度(制度その1〜3が対象)

実施機関
日本政策金融公庫、商工組合中央金庫
制度の特徴
制度その1〜3により借入を行った中小企業者等のうち、売上高が急減した事業者などに対して、利子補給を実施。公庫等の既往債務の借換も実質無利化の対象に。
融資要件
制度その1〜3により借入を行った中小企業者等のうち、以下の要件を満たすもの
1. 個人事業主(事業性のあるフリーランスや小規模):要件なし
2. 小規模事業者(法人事業者): 売上高▲15%減少
3. 中小企業者(上記1、2を除く事業者): 売上高▲20%減少
資金の使いみち
運転資金、設備資金、借換資金
担保等
無担保・無保証
融資限度額
小規模事業者: 4,000万円、中小企業: 2億円
※利子補給上限額は新規融資と公庫等の既往債務借換との合計金額
利子補給
借入後当初3年間、実質金利0%になるように補助(上限4,000万円)、4年目以降は各メニューの利率に戻る
お問い合わせ先
中小企業金融相談窓口 TEL: 0570-783183

制度その6: 持続化給付金

実施機関
経済産業省 中小企業庁
開始時期
主たる収入が、【事業収入】の方は5月1日から、【給与収入】【雑収入】の方は6月29日から申請開始
制度の特徴
感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給。
給付対象者
中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者
給付額
前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

この算出方法により、法人は200万円以内、個人事業者等は100万円以内を支給。
申込方法
インターネット受付
お問い合わせ先
持続化給付金事業 コールセンター
直通番号:0120ー115ー570 / IP電話専用回線:03-6831-0613

詳しくはこちら

制度その7: 家賃支援給付金

実施機関
経済産業省
対象期間
2020年5月から12月
制度の特徴
新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して給付金を支給。
給付対象者
中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、以下のいずれかに該当する者。
1.いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少
2.連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少
給付額
申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の6倍(6カ月分)を支給。
法人上限額(月額)100万円、給付率 賃料月額75万円まで2/3、75万円超過分1/3。
個人事業者上限額(月額)50万円、給付率 賃料月額37.5万円まで2/3、37.5万円超過分1/3
申込方法
7/14より申請受付開始
お問い合わせ先
家賃支援給付金コールセンター 0120-653-930(平日・土日祝日 8:30~19:00)

申請はこちら

制度その8: 彦根市新型コロナウイルス感染症拡大防止臨時支援金

実施機関
彦根市産業部地域経済振興課
申請受付期間
令和2年6月23日(火)~8月28日(金)
制度の特徴
休業等の対象となる施設で事業を営む彦根市内の中小企業および個人事業主の皆様に対して、滋賀県から「新型コロナウイルス感染拡大防止臨時支援金」を支給された方々を対象に、彦根市が追加支援するもの。また、対象施設において、休業等の日数などの要件により県支援金の対象に一部該当しなかった方々も、支給対象となる場合がある。
給付額
中小企業等20 万円、個人事業主10 万円
申請要件(抜粋)
1 市内に事務所または事業所を有する中小企業および個人事業主。
2 令和2年4月22日以前から事業を営み、滋賀県の「新型コロナウイルス感染拡大防止臨時支援金」対象施設に該当する方(対象施設一覧
3 令和2年4月25日から5月6日までの間の6日以上、休業等を行われた方。
4 申請者の代表者、役員などが暴力団の当事者でなく、かつ関与のないこと。
申請先・お問合せ先
彦根市役所 産業部地域経済振興課
「彦根市新型コロナウイルス感染症拡大防止臨時支援金」受付
TEL:0749-30-6119 FAX:0749-24-9676

詳しくはこちら

ポイント2 経営環境の整備 – 雇用関連、下請取引、テレワーク、海外関連

雇用調整助成金の特例措置

コロナウィルス感染症を含む経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当等の一部を助成する制度。今回の特例措置では、通常の雇用調整助成金以上に要件が緩和。コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主は、広く特例措置の対象となる。

緊急対応期間
4/1〜9/30
助成内容
大企業 2/3、中小企業 4/5
※休業要請に係る特例措置あり
※解雇をしていないなどの上乗せの要件を満たす場合の補助率特例措置あり
補助上限あり(1人1日あたり15,000円上限、教育訓練実施等の特例あり)
申請支援問い合わせ
滋賀働き方改革推進支援センター(TEL.0120-100-227)※訪問可
ご相談・お問い合わせ
ハローワーク彦根(TEL.0749-22-2500)、またはコールセンター(TEL.0120-60-3999)

詳しくはこちら

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針、チェックリスト等の公開(厚生労働省)

4月7日に緊急事態宣言が全都道府県に発出されたことを受け、厚生労働省では全ての職場の感染予防・健康管理の強化の観点から、在宅勤務の最大限利用することや、「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」の活用、新型コロナウイルスに感染している可能性を考えた労務管理などについて注意喚起している。以下の情報公開内容を紹介する。

IT導入補助

ITツール導入による業務効率化やテレワーク導入等を支援。5月からベンダー・ツール登録を開始し、同時に補助事業者の申請受付を開始。

対象
中小企業・小規模事業者 等
補助額
30〜450万円
補助率
通常枠 1/2、コロナ特別枠C-Ⅰ 2/3、コロナ特別枠C-Ⅱ 3/4
※通常枠でも、テレワークの導入に取り組む場合は、審査において加点
交付申請期間
2020年5月11日~2020年12月下旬まで
事業実施期間
交付決定後~6ヶ月間程度

詳しくはこちら

ポイント3 設備投資・販路開拓支援 – 補助金等

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者等が、地域の商工会議所または商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額: 50万円。また、公募開始後、通年で受付を行い、約4か月ごとに受付を締め切って、受付回ごとに審査・採択を行う。
新型コロナウイルス感染症による経営上の影響(従業員等の罹患による直接的な影響、感染症に起因した売上減少による間接的な影響)を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者、賃上げの計画を有し、従業員に表明している事業者、事業承継の円滑化に資する取組を重点支援する観点から、代表者が満60歳以上の事業者であって、かつ、後継者候補が中心となって補助事業を実施する事業者、生産性の向上(経営力強化)の取組を行っている事業者、地域未来牽引企業または、地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の承認を受けた事業者、過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓に取り組む事業者についても、重点的な支援を図る。

申請期間
第3回受付締切 2020年10月2日(金)
第4回受付締切 2021年2月5日(金)
[郵送:締切日当日消印有効]
補助率
補助対象経費の3分の2以内
補助上限額
50万円、特例事業者は100万円(事業再開枠に該当する場合は+50万円、特例事業者は+100万円)
お問い合わせ
当所中小企業相談所(TEL.0749-22-4551)

詳細はこちら

小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応(A類型)、非対面型ビジネスモデルへの転換(B類型)、テレワーク環境の整備(C類型))に取り組む小規模事業者等が、地域の商工会または商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3または3/4を補助。

申請期間
第3回受付締切 2020年8月7日(金)[郵送:必着]
第4回受付締切 2020年10月2日(金)[郵送:必着]
補助率
【A類型】補助対象経費の3分の2以内
【B・C類型】補助対象経費の4分の3以内
補助上限額
100万円、特例事業者は150万円(事業再開枠に該当する場合は+50万円、特例事業者は+100万円)
お問い合わせ
当所中小企業相談所(TEL.0749-22-4551)

詳細はこちら

彦根市新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内中小事業者等が、国の緊急事態宣言解除後、事業所内の感染リスクを下げ、安心して事業が継続できる環境を整えるための設備投資に対し補助を行い、市内中小事業者等を支援するための補助金。

受付期間
令和2年6月15日〜同年9月15日17:15まで
対象者
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた彦根市内で事業を営む中小企業者または個人事業者で、市税を滞納していない方。
対象となる経費
以下の設備または工事のうち、令和2年4月1日から同年8月31日までに導入、設置し、支払を完了したもの。
・空気清浄機(空気清浄機機能付きエアコンを含む)
・飛沫感染の防止を目的とするパネル、ついたて、スクリーン等
・換気扇や換気設備の設置(換気を目的とする網戸の設置を含む)
・自動水栓の設置
※上記以外の設備は原則補助対象に認められません。設備の購入・導入前に、補助対象に該当するかどうか必ずお問い合わせください。
申請期間
令和2年6月15日から同年9月15日17:15まで
補助率・補助上限額
10/10で、最大10万円(申請は一補助対象者につき1回限り)
申請方法
・郵送による提出(簡易書留にて、〒522-8501彦根市元町4番2号 彦根市役所地域経済振興課まで郵送ください)
・地域経済振興課窓口に提出

詳しくはこちら

滋賀県モノづくり展示会等出展支援事業補助金

県内産業の育成振興および「“しがCO₂ネットゼロ”ムーブメント」の推進を図るため、CO₂削減の技術等を有する県内の中小企業による、大都市や海外などで開催される展示会・見本市・商談会等への出展を支援。

補助対象事業者
(1)中小企業基本法第2条第1項に定める中小企業者で県内に事業所等を有する者
(2)“しがCO₂ネットゼロ”ムーブメントに賛同する者
(3)県税の滞納がない者
 ※“しがCO₂ネットゼロ”ムーブメントの詳細はこちら
補助対象事業
補助対象事業者が環境ビジネスに関する展示会等に出展する事業、もしくはCO₂削減に資する技術等を展示会等に出展する事業
※対象となる展示会等は、物産展など販売を目的とするものを除き、以下の要件のいずれかを満たす必要があります。
(1)海外および首都圏、政令指定都市で開催される展示会等
(2)出展者数または小間数が概ね100以上の県外で開催される展示会等
(3)その他、知事が適当と認めた展示会等
補助率
1/2以内
補助限度額
20万円
補助対象経費
(1)出展料:小間料、参加料、ブース借上料、その他これに相当する費用
(2)施工費等:小間施工費、電気工事費(電気料金含む)、装飾工事費、備品レンタル代など小間の装飾に要する費用
 ※いずれも対象となるのは、交付決定日以降令和3年3月31日までに開催される展示会等に係る経費で令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支払いが完了しているもの。
受付期間
令和2年12月25日(金)まで(土・日・祝日を除く8:30〜17:15)
 ※受付期間中でも、交付決定額の合計が予算額に達し次第、受付を終了。
応募書類
申請様式、応募についての詳細はホームページからダウンロード可。
補助金交付申請書(様式第1号)、事業計画書(別紙1)、収支予算書(別紙2)、誓約書(別紙3)、県税の納税証明書、その他参考となる資料
お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課
TEL.077-528-3793 / FAX.077-528-4876
fd00@pref.shiga.lg.jp