新ごみ施設候補地「西清崎」に

市政報告

新しいごみ処理施設の建設予定地(後方は荒神山)

 彦根市と犬上郡3町、愛荘町の新しいごみ処理施設の建設候補地が西清崎地区に決まりました。管轄する彦根愛知犬上広域行政組合が、今月21日に豊郷町内で開かれた組合議会の臨時会で公表しました。
 組合議会には、建設候補地を西清崎地区にすると明記した彦根愛知犬上地域新ごみ処理施設整備基本計画の議案が提出されました。彦根市の原町と下西川町、愛荘町竹原も建設候補地に入っていましたが、西清崎地区に決めた理由として、管理者の大久保貴市長は周辺学区での住民説明会、意見交換会、アンケート調査などの結果や30年間のトータルコストをあげました。
 西清崎地区は面積が4万9363平方メートル。農地や農道の土地所有者が20件います。また近くには荒神山神社や古墳がありますが、市長は「建物の配置やデザインなど景観に十分な配慮をしながら進めていきたい」と理解を求めています。

4カ所から「トータルコストで」

 21日の臨時会では議長を除く市町議18人で採決が行われ、4人が反対しましたが、ほかが賛成し可決されました。
 管理組合は今後、地質などの調査を今年度中に行い、環境影響評価を2023年度まで実施。造成工事に向けて今年度から用地の取得交渉を行います。そして24年度から施設の建設工事を始め、28年度中に完成、29年度の稼働を目指していきます。
 施設の建設費は約200億円ですが、用地の取得・造成、周辺道路の経費費は含まれていません。市長は「西清崎は施設の建設費が高くなりますが、トータルコストは最も安価になる」と話しています。
 

石寺 海瀬三津 愛荘町竹原経て4度目

 新しい広域ごみ処理施設を巡っては、1977年(昭和52年)に建設された野瀬町の彦根市清掃センターの老朽化に伴い、彦根愛知犬上広域行政組合がその建設を計画。建設候補地については、これまでに石寺町、海瀬・三津町があがりましたが、地盤の軟弱さや地元の反対で石寺が2008年5月に、海瀬・三津が13年3月に計画が白紙化されました。
 15年10月からは彦愛犬1市4町内で建設候補地を募集し、翌年7月までに彦根市内3地域、愛荘町内2地域から応募があり、管理組合内の選定委員会が100点満点で順位を付け、17年6月に大久保市長が竹原地区に決めました。
 しかし彦根市が当初、推していた原町案を市長が急きょ、竹原地区に変更していたことがわかり、当時の副市長が辞表を提出する事態に陥りました。組合議会でも関連予算が認められず、今年2月の定例会では白紙を求める決議案が全会一致で可決。これを受けて管理者会は白紙化を決めたという経緯があります。