【終了】今日から始めるデジタル活用セミナー

終了したイベント・セミナー情報

 オンライン配信!(講師はオンラインで講演予定) 

選べる!
オンライン環境がない方でも会場で観れる! 

 気軽に会社やおうちでオンラインで観れる! 

~DXとは何ぞや?デジタル化・DXの第一歩はここから!~

最近目にするDXとは何ぞや?それに近いデジタル化とは何ぞや?
業務を楽にする!売上を伸ばす!様々な可能性を広げてくれるデジタル化について、とっかかりのポイントやコツをお教えする、基礎から分かる「今日から始めるデジタル活用セミナー」。デジタル化の重要性を感じてはいるものの、何から手をつけたらいいか分からない・誰に聞いたらいいか分からない という方必見です!
今回は<経営者・幹部編>・<現場管理者・従業員編>の2本立てで開催します。いずれか一方でも、両方でも結構ですので、ぜひご受講ください。

<第1回 経営者・幹部編>

デジタルに強い組織の作り方

  1. コロナによってデジタル化は進んだのか
    ①コロナ前の日本と世界
    ②コロナでデジタル化が進んだ企業と進まなかった企業
    ③中小企業の販促活動・働き方の変化
     
  2. なぜデジタル化は進まないのか
    ①デジタル関連業界の構造
    ②デジタル関連業界とのミスマッチとその事例
    ③企業・組織に本当に必要なもの
     
  3. 人からはじめるデジタル力強化
    ①デジタルに強い人を組織におくための2つの方法と課題
    ②人材育成に必要な3要素
    ③環境の変化に伴い求められているリスキリング
     
  4. 人から組織へ、デジタル活用からDXへ
    ①プロジェクトリーダーとメンバーの役割
    ②具体的な3ステップでの進め方
    ③理想的な組織図とは

<第2回 現場管理者・従業員編> 

業務に活かせる!デジタル知識

  1. デジタル化の第一歩 WEB サイトの基本
    ①WEB サイトの基本      WEBサイトを作る
    ②WEB広告の基本       自分のWEBサイトを知ってもらう
    ③インターネット販売の基本  WEBサイト上で商品を売る
    ④データ分析の基本      WEBサイト上の課題を改善する
     
  2. 簡単で効果的なSNS
    ①各種SNSとその特徴    サービスの選択肢を知る
    ②SNSの運用と広告   目的に合わせたSNS活用法を知る
     
  3. 便利なGoogle サービス
    ①業務効率の改善    日常業務が楽になるサービス
    ②営業活動の促進    営業やプロモーションに使えるサービス
     
  4. デジタル化は1日にして成らず
    組織のデジタル化を継続推進するためにするべきこととSURGEの活用法

開催要領

日時 第1回 経営者・幹部編 令和4年2月24日(木) 15:00~16:30(受付14:30~)
第2回 現場管理者・従業員編 令和4年3月8日(火) 15:00~16:30(受付14:30~)
会場 彦根キャッスルリゾート&スパ 2階 キャナルホール(彦根市佐和町1-8)
※講師はオンラインで講演しますので、会場ではその映像をご覧いただく予定です。
受講料 無料
定員 会場定員30名(定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込みください)
・オンラインは定員なし
申込 QRの申込フォーム・FAX・電話、もしくは下記の送信フォームよりお申し込みください。
主催 彦根商工会議所 (滋賀県地域経済活性化事業)
TEL.0749-22-4551 seminar@hikone-cci.or.jp

講師紹介

第1回 経営者・幹部編 講師
株式会社デイアライブ 代表取締役/CEO 今西 建太 氏

2011年(株)デイアライブ設立。観光庁「世界に誇る観光地を形成するためのDMO体制整備事業」外部専門人材、京都市観光協会ウェビナー講師、世界経済フォーラム・グローバルシェイパーズコミュニティ京都ハブ3期目代表。

 

第2回 現場管理者・従業員編 講師
株式会社デイアライブ アカウントプランナー 三宅 夏愛 氏
2020年デイアライブ入社。海外の大学院留学経験をもとに、海外向けのWEBサイト制作 企画・提案およびWEBサイト内のコンテンツ作成を担当。SNSを活用したマーケティングが強み。

 

新型コロナウイルス感染対策のお願い
発熱や咳の症状のある方は来場をお控えください。
・症状の有無に関わらず、マスクの着用をお願いします。
・会場入場の際は、検温・手指の消毒をお願いします。
送信フォーム(別窓で開きます)

 

ご記入いただいた情報は、当所からの各種連絡・情報提供のための利用の他、参加者実態調査・分析のために利用させていただきます。