【第42回検定】マスク着用のお願い

その他

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、12月13日(日)実施の42回検定を受検される皆様には、試験当日の会場でのマスク着用をお願いいたします。
※試験会場にてマスクの配布などはいたしません。ご自身でのご用意をお願いいたします。

なお、以下の方は受検をお控えいただきますようお願いいたします。

― 検定当日朝に各自検温を行い、37.5度以上の発熱があった場合(または平熱比1度超過)
― 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合
― 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合
― 心臓病、糖尿病、高血圧症などの基礎疾患があり、リスクが高いと自覚する場合
― 同居者に肺炎症状の疑いがある場合

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止する際に必要となる個人の情報が、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供される場合がございます。
※症状により医師によって感染の恐れがないと認められた場合は、この限りではありません。
※欠席される場合、特別な手続きは必要ありません。

感染症などの理由により試験を欠席した場合でも、受検料の返還や次回以降の検定回への繰り越し等の措置は行いません。ご了承ください。

受検生の皆様には、手洗い、うがいの励行やマスク着用など体調管理にご注意し、当日の試験に臨んでいただきますよう、よろしくお願いいたします。