Invisible Heritage 戦国編 + 近代編

2021年の彦根プレミアム塾「彦根ヒストリア講座」は、江戸時代直近・直後の彦根の歴史を探る。
「戦国編」では佐和山城主石田三成を、「近代編」では明治維新後の彦根藩にスポットをあてる。
石田三成をNHK大河ドラマの主人公に!!そして、今年の大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一 が生きた時代の彦根を学ぶ歴史クエストである。

戦国編 石田三成の遺したもの

【第1講】 2021年8月11日(水)
「急ぎすぎた中央集権化~官僚の悲劇~」

講師:独立行政法人日本芸術文化振興会 監事
   大石 学
会場:彦根商工会議所4F大ホール

【第2講】 2021年10月8日(金)
「(仮)秀吉と三成」

講師:九州大学大学院比較社会文化研究院教授
   中野 等
会場:彦根商工会議所4F大ホール

【第3講】 2021年12月10日(金)
「(仮)関ヶ原と三成」

講師:九州大学大学院比較社会文化研究院教授
   中野 等
会場:彦根商工会議所4F大ホール

【第4講】 2022年3月18日(金)
「佐和山城の絵図を読む」

講師:柏原宿歴史館長/ヒストリア講座コーディネーター
   谷口 徹
会場:彦根商工会議所4F大ホール

近代編 近代彦根の黎明

【第1講】 2021年10月27日(水)
「(仮)幕末維新と井伊直憲」

講師:彦根市歴史まちづくり部文化財課長
   井伊 岳夫
会場:彦根商工会議所4F大ホール

【第2講】 2021年11月12日(金)
「安政通商条約と井伊直弼」

講師:佛教大学名誉教授
   青山 忠正
会場:彦根商工会議所4F大ホール

【第3講】 2022年2月10日(木)
「井伊直憲の西洋遊学」

講師:京都薬科大学名誉教授
   鈴木 栄樹
会場:ひこね市文化プラザ エコーホール

彦根ヒストリア講座2021 講師プロフィール

講師・大石 学 氏

戦国編 第1講

独立行政法人
日本芸術文化振興会 監事
大石 学

1953 年東京都生まれ。 東京学芸大学大学院教育学研究科(修士課程)修了。 名城大学助教授、東京学芸大学助教授を経て、2001 年より東京学芸大学教授。 2016 年 4 月~2018 年 3 月まで東京学芸大学副学長を務める。 日本芸術文化振興会監事。
『るろうに剣心』(2012 ・2014)、『柘榴坂の仇討』(2014)、『新選組!』(2004)、『龍馬伝』(2010)、『八重の桜』(2013)、『花燃ゆ』(2015)、『西郷どん』(2018)など数多くの映画や大河ドラマの時代考証も手掛けている。

主な著書に『新選組―「最後の武士」の実像―』中公新書(2004)、『江戸の教育力―近代日本の知的基盤―』東京学芸大出版会(2007)、『敗者の日本史15・近世日本の勝者と敗者』吉川弘文館(2015)など。
共著に『井伊家十四代と直虎』彦根商工会議所編サンライズ出版(2017)がある。

講師・中野 等氏

戦国編 第2・3講

九州大学大学院
比較社会文化研究院教授
中野 等

1958年福岡県に生まれる、1985年九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退 、同年福岡県柳川古文書館学芸員、1997年九州大学大学院比較社会文化研究科助教授、2000年組織改革により比較社会文化研究院助教授、2006年九州大学大学院比較社会文化研究院教授、現在に至る。

主な研究業績
単著『豊臣政権の対外侵略と太閤検地』校倉書房(1996)、『立花宗茂』(人物叢書)吉川弘文館(2001)、『秀吉の軍令と大陸侵攻』吉川弘文館(2006) 、『筑後国主田中吉政・忠政』(柳川の歴史3)柳川市(2007) 、『文禄・慶長の役』(戦争の日本史)吉川弘文館(2008) 、『石田三成伝』吉川弘文館(2017)、『太閤検地』(中公新書)中央公論新社(2019)。
共著『絵図学入門』東京大学出版会(2011) 、『近世大名立花家』(柳川の歴史4)柳川市(2012)。

講師・谷 徹也 氏

戦国編 第4講

柏原宿歴史館長
ヒストリア講座コーディネーター
谷口 徹

1953年滋賀県生まれ。1976年明治大学文学部考古学専攻課程卒業。滋賀県文化財保護協会技師、滋賀県埋蔵文化財センター技師を経て、1986年彦根城博物館学芸課学芸員。2010年彦根市教育委員会文化財部長、彦根市企画振興部彦根城世界遺産登録推進室を併任。2013年定年退職。柏原宿歴史館長。

著書に『近江戦国の道』(1995)、『幻の名窯湖東焼』(1996)、『近江中山道』(1998)・『井伊直弼の茶の湯』(2007)、『たねや美濠美術館図録 湖東焼』(2007)など多数。佐和山城に関連して『佐和山城の絵図』(1995)や『佐和山城とその時代』(展示図録/1992)がある。

講師・井伊 岳夫 氏

近代編 第1講

彦根市歴史まちづくり部
文化財課長
井伊 岳夫

1969年三重県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。日本近世史専攻。1998年に彦根市に採用され、市史編さん室に配属。以後、約17年間『新修彦根市史』(全12巻)の編さん業務に従事。『新修彦根市史』第2巻(通史編近世)・第4巻(通史編現代)・第11巻(民俗編)の一部執筆も担当。

現在は、文化財課長のほか歴史民俗資料室長等を兼務。 2008年6月から2014年4月まで彦根城博物館館長。2017年4月から同館長に再任。

講師・青山 忠正氏

近代編 第2講

佛教大学名誉教授
青山 忠正

1950年東京都生まれ。1983年東北大学大学院文学研究科博士課程修了。同年東北大学助手。その後、大阪商業大学助教授、佛教大学教授を経て、現在、佛教大学名誉教授。博士(文学・東北大学)。

著書に『明治維新と国家形成』吉川弘文館(2000)、『明治維新の言語と史料』清文堂(2006)、『高杉晋作と奇兵隊』吉川弘文館(2007)、『日本近世の歴史6 明治維新』吉川弘文館(2012)、『明治維新を読みなおす』清文堂(2017)など多数。

 

講師・谷 徹也 氏

近代編 第3講

京都薬科大学名誉教授
鈴木 栄樹

1953年静岡県磐田市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。日本近代史専攻。京都薬科大学基礎科学系一般教育分野教授を2019年3月に退職、現在は同大学名誉教授。元新修彦根市史編集委員として『新修彦根市史』近代編を刊行。

論文に「最後の彦根藩主井伊直憲の西洋遊学」「旧彦根藩士西村捨三における〈京都の祝祭〉、そして彦根」など。また、明治中期に実証的な井伊直弼伝を初めて著した、旧幕臣で政治家・ジャーナリストの島田三郎に関心をもっている。

新型コロナウイルス対策に関するお願い

  • ソーシャルディスタンス確保のため、定員に達し次第、受付を終了させていただきますので、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。
  • ご参加される方は、必ずマスク着用いただきますようよろしくお願いいたします。
  • ご参加される方は、受付前に消毒液をご用意いたしますので、手のひらの消毒後、受付にお越しいただきますようよろしくお願いいたします。
  • ご参加される方は、受付前にスタッフが検温をさせていただきます。37.5度以上の発熱の症状がある場合は、ご出席をお控えいただきますようご協力よろしくお願いいたします。

しごと・くらし・おもてなしに役立つ! 彦根プレミアム塾
彦根ヒストリア講座2021

●受講料 会員500円/一般700円/学生無料 ●定員 100名(先着順) ●時間 18:30開場・19:00スタート[120分]