第1回 キャッシュレスに踊らされない

2分で読めるキャッシュレス講座

1. キャッシュレスとは?

 ここ最近、「キャッシュレス決済」という言葉を毎日聞きます。そもそも、「キャッシュレス」ってなんでしょうか?現金を使わないのであれば、手形や小切手もキャッシュレスになりそうですよね。いろいろな定義がありますが、現在使われている「キャッシュレス」という言葉には、特にクレジットカードよりも簡易な電子決済という意味合いが強くなっています。下図でいうと、赤枠部分を指して「キャッシュレス決済」ということが多いです。

2. 日本におけるキャッシュレス

 日本では現金に対する信用度が高く、諸外国と比較してもキャッシュレス決済は浸透していません。しかし、単に海外のキャッシュレス決済が多い=進んでいる、日本はキャッシュレス決済が浸透していない=遅れている、と捉えるのは間違っています。日本は銀行が倒産しかかるときに、まずは現金を引き出す人が殺到する程、現金に対する信用が厚い国です。その背景には偽札が少なく、現金を持っていても強盗に襲われない程治安がよいといった事情があり、結果として現金がとても便利だからそちらが多く使われているわけです。

3. それでもキャッシュレス化は進む

 キャッシュレス決済にはキャッシュレス決済のメリットがたくさんあり、特に消費者側からみた場合、手軽さや集計の手軽さといったポイントから、今後広まることが想定されます。事業者側からみても、お客様に継続してアクセスする方法(LINE Pay等)が生まれるといった、従来にないメリットがあります。

 本連載では、キャッシュレス決済のメリット・デメリットをきちんと取り上げた上で、貴社が今後どのような施策をとれば、お客様に喜んでいただきつつ利益を上げられるのかを考えたいと思います。