【10/3,25】ものづくり関連補助金活用セミナー 参加者募集中!

セミナー・講演会

彦根商工会議所 ひこねモノづくり支援事業vol.2
オンリーワンの中小企業になるために

 2019 年度・モノづくり支援事業の企画では「中小企業が実際に活用できる先進事例」をテーマに企画いたします。小さくてもキラリと光る中小企業様から実例を伺い、実際に会員様の企業でお使いいただける内容です。
 今回は2 回シリーズで、「ものづくり補助金(1,000 万円/ 年)」を超える高度な事業への挑戦を検討される企業様を対象としたセミナーを開催します。

第1回 2019年10月3日(木 )

国の制度(補助金や展示会、表彰制度)を徹底的に活用する方法を学びます。実際に、3 年間で1 億円の補助金が出る「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」を2018 年度に採択された企業の社長様をお招きし、国や県の制度の上手な活用法など、元気な企業の社長の生の声をお届けします。

講師:テクノグローバル株式会社(大阪府八尾市) 代表取締役 髙田 弘之

第2回 2019年10月25日(金 )

サポイン事業の申請にあたり、頼れるパートナーとして、一般財団法人 大阪科学技術センター(OSTEC)様にご講演をいただきます。サポイン事業をはじめとした研究開発型補助金などの解説や補助金による中小企業の飛躍法を学びます。

講師:一般財団法人 大阪科学技術センター様

こんな方にお勧めです

①高度な補助金について興味がある「製造業」の方
②技術をビジネスにつなげる発展方法を知りたい方

開催内容はこちら(チラシPDFのダウンロード)

開催要領

日時 第1回 2019年10月 3日 (木) 14:00~16:00
第2回 2019年10月25日(金) 14:00~16:00
場所 いずれも彦根商工会議所 会議室(彦根市中央町3-8)
定員 各回15名
(1 事業所2 名まで参加可) 定員になり次第締切
*参加事業所が多い場合は1 事業所1 名でお願いする場合があります。
参加料 各回お一人1,000円
お申込み 申込書にご記入の上、申し込んで下さい(FAX可 0749-26-2730)
下記送信フォームからも申込み可能です。
お問い合わせ 彦根商工会議所中小企業相談所
TEL.0749-22-4551 FAX.0749-26-2730
E-mail seminar@hikone-cci.or.jp
 

第1回講師

テクノグローバル株式会社(大阪府八尾市)
代表取締役 髙田 弘之

従業員数:26 名/資本金:600 万円/売上:3 億 9,000 万円/
海外工場 テクノグローバルベトナム、ロンアン工場(金型・成形)、国内では福井県鯖江市にデザインラボ・フクイ(デザイン・設計・研究)、栃木県鹿沼市に関東営業所を構える。事業内容は、プラスチック製品の企画・開発・試作・量産金型の製造及び成形・組立等を一貫して行う。2006年に髙田社長が創業。2014 年ベトナムに新会社設立。同年、関東営業所開設、2018年デザインラボ・フクイ開設。2018 年「中小企業優秀新技術 新製品賞」受賞。

【髙田社長のこれまでの起業沿革と取り組み】

前職も金型企業で専務まで勤めていた髙田社長。2006 年の独立時は「今どき金型で独立するなんて気は確かか?」と周囲から猛反対を受けたそうです。加えて、近いうちに後継者にという期待していた前職企業の社長からは引き止め策の一つとして、「独立するなら顧客と外注先を持っていくことは認めない」と言われてしまいます。それでも「独立する」思いは強かった。当初は自宅で一人、受注を始めました。昔の取引先には頼れず、知人に電話をかける日々が続きます。そんな中、シリコン専門商社で働く知人に間違い電話をかけてしまったところ、「うちの仕事やってよ」とその場で最初の仕事が舞い込みました。当時は工作機械は高かったため買えず、中古のプラスチック成形機を購入し、その後は1 から商品を提案する企画力、作りやすい製品設計を大手企業に提案する技術力が評価され、小林製薬やコクヨ等、大手優良顧客との取引が始まりました。起業以来、睡眠時間は3 時間とハードワークが続きますが、グローバル企業を夢に、今日も活躍されています。

第2回講師

一般財団法人 大阪科学技術センター
1960 年4 月、関西財界を中心に、大阪府、大阪市、ならびに科学技術庁の支援により財団法人として創設され、科学技術の振興ならびに関西産業発展のための諸事業を積極的に推進している。2012 年4 月に一般財団法人化。

送信フォーム(別窓で開きます)