3/24 「市民が参加し、学び・考え、そして創る」 彦根オープンガバメント会議開催

セミナー・講演会

国が推進する地方創生政策を継続的に地域発展に繋げる方法として、「オープンガバメント政策」があります。これは国に頼る地域運営から、国と協調し地域独自の知恵と行動で自らの活性化を図ろうとするものです。
市民が地域政策に興味を持ち学習することが、オープンガバメント推進の第一歩です。「彦根オープン会議 地域の課題を考える!」は、オープンガバメントの入門的な学習として、地域が抱える問題点の学習会からスタートします。

第1回 彦根オープンガバメント会議
「彦根オープン会議 地域の課題を考える!」

日程 平成29年3月24日(金) 15:00~17:00(開場14:30)
会場 彦根商工会議所4階大ホール
パネラー 川嶋 恒紹 彦根市副市長
須江 雅彦 滋賀大学副学長
渡邊 恒一 彦根城博物館学芸史料課課長
夏原 平和 彦根商工会議所副会頭
コーディネーター ピーター. D. ピーダーセン氏
小出 英樹 彦根商工会議所会頭
申込み 別途申込書に必要事項をご記入のうえ、下記までお申し込み下さい。
下記送信フォームからも申込み可能です。
主催・問合せ 彦根商工会議所 TEL.0749-22-4551

内容

Part 1 15:00~15:50 オープニングセミナー

「市民参加のオープンガバメント」
講師 ピーター. D . ピーダーセン氏

Part2 16:00~16:50 パネル・ディスカッション

Theme 1「歴史遺産の保存と活用」
Theme 2「彦根の教育イノベーション」

コーディネーターの紹介

ピーター. D. ピーダーセン(Peter David Pedersen)氏
1967年デンマーク生まれ。コペンハーゲン大学文化人類学部卒業。環境・CSRコンサルティングを手がける(株)イースクエアを2000年に設立、日本企業、行政機関、大学とともに約4 0 0 のプロジェクトに携わる。2 0 0 2 年に、「LOHAS」(健康と環境を志向するライフスタイル)を日本に紹介した1人としても知られる。
著書に、『LOHASに暮らす』(ビジネス社 2006年)、『第5の競争軸~21世紀の新たな市場原理~』(朝日新聞出版 2009年)『レジリエント・カンパニー』(東洋経済新報社 2015年)など多数。
http://www.pdplab.jp/

送信フォーム(別窓で開きます)