【終了】 経営安定・財務力強化セミナー(2回シリーズ)

終了したイベント・セミナー情報

事業所を安定して経営するうえで、資金繰り・財務力の安定は欠かせません。どんなに素晴らしい技術やビジネスモデルであったとしても、お金がなければ会社は簡単に潰れてしまいます。ところが、その見極めのために、自社の決算書がどのような状態であるのかをしっかり把握している経営者は案外少ないものです。そこで今回は、「ビジュアル分析」を用いた簡単な決算書の見方についてのセミナーと、資金繰り表の作成・活用方法、金融機関との上手なお付き合い方を学んでいただくセミナーを、2回シリーズで開催します。

「財務体質を強化したい」「資金繰りを安定させたい」経営者だけでなく、次代の経営者、管理者・実務担当者の方も、ぜひともご受講ください。(個人事業所・法人事業所いずれの方にも沿った内容になります。)

会議イメージ

第1回

一目で判断!簡単に読めるようになります!
「決算書を読んで企業の健康状態をチェック」
~貸借対照表の分析力をアップして財務体質強化!~

一見難しいように思われる決算書(損益計算書・貸借対照表等)の分析を、講師の横山悟一氏が10 年かけて開発した、指標を使わない世界初の分析手法である「ビジュアル分析」を用いて簡単に理解できる手法を学んでいただきます。

本セミナーでは、分析手法を直ちに経営に活かすため、実際の企業の決算書を題材に演習もしていただき、しっかりと理解を深めていただきます。これを使えば初心者の方でも簡単に決算書を読めるようになります。

【日時】

平成27年2月27日(金)14:00~17:00

【講座内容】

  1. 損益計算書だけでは、本当の資金繰りは見えてこない
    ~利益が出てもキャッシュが残らない理由~
  2. 貸借対照表(BS)の重要性
    ~1期分のBSの見方~
  3. ビジュアル分析で貸借対照表を見える化
    ~5つの基本グラフでBSから資金繰りを読み解く~
  4. 総仕上げ演習
    ~実際の企業の決算書を題材に、なぜ破綻したのかがよく判る~

第2回

経営者に知っていただきたい!
「資金繰り表活用&金融機関と上手にお付き合いする方法」
~財務体質強化で安定した資金繰りの実現を~

「安定した資金繰り」には、「資金繰り表」をきちんと作成し活用することが必要です。また、資金の重要な調達先である金融機関との上手なお付き合いも大切になります。本セミナーでは、「資金繰り表」の作成・活用方法を学び、そこから金融機関との良好な関係を築くルールや方策を学んでいただきます。

【日時】

平成27年3月6日(金)14:00~17:00

【講座内容】

  1. 資金繰り表を作ると何がわかる?
  2. 資金繰り表の構造と挫折する理由
  3. 「シンプル資金繰り表」を作る
  4. 金融機関が見る資金繰り表のポイントとは?
  5. 金融機関とお付き合いするルール
  6. 赤字企業の共通点 等

開催要領

場所 彦根商工会議所 会議室(彦根市中央町3-8)
(※第1回、第2回いずれも)
受講料 会員 無料 / 非会員 6,000 円 (2回分・1回分は3,000 円)
定員 30名(定員になり次第締め切ります・1事業から複数名の参加も可能です。)
※2回続けての受講をお奨めしますが、各回のみの受講でも構いません。
講師 財務リスク研究所(株)  代表取締役 横山 悟一 氏
申込み 申込書に必要事項をご記入の上当所まで。(FAX可 26-2730)
下記送信フォームからも申込み可能です。
お問い合せ 彦根商工会議所 中小企業相談所
TEL.0749-22-4551 / FAX.0749-26-2730

講師紹介

財務リスク研究所 (株)  代表取締役 横山 悟一

財務リスク研究所(株)  代表取締役 横山 悟一 氏1969年茨城県生まれ。法政大学卒業後、会計事務所、コンサルティング会社等の勤務を経て、2002年開業。2008年より名称を『財務リスク研究所』に変更。約10年にわたる研究を重ね、指標を使わない世界初の分析手法「ビジュアル分析」を開発。難解なバランスシートをわかりやすくするだけでなく、数多くの現場で検証を重ね、決算書に潜むリスクを読み解く独自のノウハウを確立。分析した決算書はすでに5,000社を超えている。
『3分間で決算書が読める!』(H&I)、『売上をあげる手段としての決算書の使い方』(総合法令出版)等著書も多数。