「新輸出大国コンソーシアム滋賀」彦根窓口の設置について

TPP合意を契機に海外展開(輸出や進出等)を目指す県内の中堅・中小企業等を積極的に支援するため、政府の推進する「新輸出大国コンソーシアム滋賀」窓口が下記にて10月より設置されますのでお知らせします。
同コンソーシアムは、官民の支援機関が幅広く結集し、総合的な支援を行う枠組みとなっていますので、この機会にぜひご活用ください。

彦根窓口の概要

■開設日時
平成28年10月4日(火)から毎週火・木曜日 9:00~17:00
■開設場所
彦根商工会議所(彦根市中央町3-8)
※毎週月・水曜日は大津窓口(滋賀県産業支援プラザ)が開設されます。
■お問合せ
彦根商工会議所「新輸出大国コンソーシアム滋賀」担当
TEL.070-3811-6159 / FAX.0749-26-2730

窓口での支援内容

県内中堅・中小企業のTPP域内市場の獲得を想定した海外展開活動等に対し、最適な支援サービスを案内することを目的として専門家(新輸出大国コンシェルジュ)1名が窓口に駐在し、海外ビジネスに精通した専門家と連携して総合的支援を実施します。

滋賀県貿易投資相談窓口との連携

滋賀県では、成長が見込まれる海外市場の需要を取り込むことにより、本県経済・産業の発展につなげるため、産業支援プラザに滋賀県貿易投資相談窓口を設置し、2名の相談員が県内企業等からの海外展開に関する相談に応じ、ジェトロなどの専門機関と連携を取りながら支援を行っています。

今回の政府による新輸出大国コンシェルジュ1名が大津と彦根に設置されることに伴い、現在ジェトロで契約されている約300名の専門家を活用できTPP等への対応が強化されるとともに、貿易投資相談窓口の相談員と新輸出大国コンシェルジュの両者が緊密に連携することにより、重層的な支援体制になります。