彦根異業種交流研究会

◆異業種交流でビジネスチャンス!
・・・GAT彦根(彦根異業種交流研究会)

全国の中小企業の間で、異なる業種の企業が協力し、お互いの技術や経営ノウハウを提供しあって、新しい分野の事業を進めて行こうという気運が高まり、当彦根で昭和63年意欲あふれる28社が集まりGAT彦根が設立されました。

■名称
彦根異業種交流研究会(略称 GAT彦根)
※Give And Takeの頭文字とガッツ(根性、気力)の複合名称。

■会員数
47社(平成26年4月21日現在)

■アドバイザー
大学教授、経営コンサルタント、行政の方8名を委嘱し、月例会に同席いただいております。

■本年度方針
異業種ネットワークの強化・推進・拡大

■本年度目標

  1. 会員間のネットワークの強化によりビジネスチャンスを創出しMade in Hikoneの創造・発信
  2. 他団体・他文化・学官との交流によりネットワークを拡大
  3. ネットワークを通して彦根町屋を発信
  4. 次世代につなげるネットワークの構築

■会費
通常会費年間60,000円

■主な活動

  • 月例会の開催
  • 他業界・異業種グループ・各種団体との交流、並びに県異業種大会への参加
  • 講習会・講演会の開催
  • 先進地研修、海外・県外研修の実施
  • 新技術・新製品の共同開発
GAT彦根(彦根異業種交流研究会)