しごと・くらし・おもてなしで役立つ!

彦根城

彦根プレミアム塾

Hikone-Historia 2018
彦根ヒストリア講座

コーディネーター 谷口 徹 氏(元彦根市教育委員会文化財部長)
 (柏原宿歴史館館長・元彦根市教育委員会文化財部長)
●定員 200名 ●受講料 会員500円/非会員・一般700円/学生無料
●会場 彦根商工会議所4階大ホール ●時間 16:30 開場・17:00 開講

世界遺産から見た彦根

 ビジネス・暮らし・おもてなしに役立つ内容 で、彦根の歴史を多角的に学ぶ歴史講座シリー ズ、いよいよスタート!!
 彦根城の世界遺産登録に向けて官民がそれぞれ動き出す中、今回のヒストリア講座は少し視野を広げて、日本史という切り口から世界遺産を俯瞰し、彦根が日本史の中でどのような位置付けにあるのか、磯田道史氏の独自の切り口で解説いただく講演会を開催します。ぜひご参加ください!



第1講 2018年9月1日(土)
「日本史から見た世界遺産、そして彦根」

会場: 彦根商工会議所4 階大ホール(彦根市中央町3-8)
16:30 受付開始/ 17:00 スタート

講師 磯田道史(いそだ・みちふみ)氏
国際日本文化研究センター 准教授

1970年岡山市生まれ。慶應義塾大学大学院卒。博士(史学)。茨城大学助教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、現在、国際日本文化研究センター准教授。著書に『武士の家計簿』(新潮新書、新潮ドキュメント賞受賞、2010年映画化)、『近世大名家臣団の社会構造』(文春学藝ライブラリー)、『殿様の通信簿』(新潮文庫)、『江戸の備忘録』(文春文庫)、『龍馬史』(文春文庫)、『日本人の叡智』(新潮新書)、『歴史の愉しみ方』(中公新書)、『歴史の読み解き方』(朝日新書)、『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)など多数。『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」が2016年「殿、利息でござる!」として映画化された。

磯田道史(いそだ・みちふみ)氏